設備管理業務への取り組み

東急ファシリティサービスの設備管理は、設備機器が故障してからメンテナンスを行うというスタンスではなく、故障や破損の「予防」に重点を置いて日々の設備機器管理を行い、定期的なレポーティングで設備点検状況をご報告、中長期計画・修繕計画のご提案をしています。

建物・設備の高度化が進む中、その管理・運営にも専門的な知識・ノウハウが求められるようになっています。建築、電気・防災設備、環境衛生など、建物管理に必要とされる多種多様な資格を取得し、高度な専門知識を持った自社スタッフが業務にあたることで、確かな信頼を得ています。

  • 当社の技術者は、機器・設備に関する異常発生時の対応のみならず、天災・火災時の緊急手配まで、あらゆる事態に対処できるように社員教育を実施しています。建物管理に求められるさまざまな業務を統括管理することで、無駄な増員をすることなく、効率的で質の高い管理を実現しています。
    建物専用部の設備トラブルについても、当社のスタッフが調査し適切な対応を行うなど、きめ細やかなサービスを提供しています。

  • オフィス、商業施設、パーキングなどでは、あらゆる設備に万全の安全を確保するため、ビル内の危険箇所のチェックを行う安全環境対策活動を実施。事故の原因になる段差や鋭角部など微細な点まで定期的な点検を行っています。

  • 東急ファシリティサービスでは、施設の管理室や防災センターに常駐し、各種設備の運転・監視・制御や日常点検、施設全体の状況把握・損耗箇所の修繕などきめ細やかな管理を行う「常駐管理」の他、管理拠点から巡回し、定期点検や緊急対応を行う低コストの「巡回管理」も提供しています。また、遠隔監視を行うことにより、24時間・365日の監視と緊急対応も可能です。

お問い合わせはこちら

ビルマネジメント業務への取り組み
  • 統括管理への取り組み
  • プロパティマネジメントへの取り組み
  • 省エネソリューションへの取り組み
  • 事例紹介
  • Q&A
  • お知らせ

ページTOP